現役高校生がおススメする定着する勉強法!

私は定期試験や外部模試などに追われる現役高校生です。
そんな私がおススメする勉強法はズバリ!!裏紙勉強法なるものです☆

裏紙勉強法は聞いたことがないという方が大半だと思います。
なにせ私が勝手にそう呼んでいるだけなのですから(笑)

この勉強法を思いついたのは中学生の時のこと。
ノートをきれいに書くことに力を注いでいた私、当時の塾の先生にこう言われたんです。
「ノートはいくらきれいに書いても理解できなければ意味ないよ。」
罫線があるとどうしてもきれいに書きたくなってしまう、それなら罫線がない紙に書けばいいんだ!
そう思いつき裏紙勉強を始めました。

裏紙勉強法のポイントは板書やテスト直しはノートに、問題を解くのは裏紙にすることです。
板書やテスト直しは後から見返してわかるようにきちんとノートに書いてください。

そして、問題は早さを重視して字のきれいさは気にせずに解いていってください。
問題を解いたあとの丸付け、ここでもポイントがあります。
それは、間違えた問題集の問題に印をつけること!!

裏紙に答えを書いているのでわざわざ合っている問題に丸を付ける必要はありません。
時間と赤ペンのインク代のムダです(笑)
そんなムダをしてないでなにがなんでも問題集に印をつけること!
問題集に印があれば問題集を2週目するときに特に重点的に復習できるからです。

この勉強法のおかげで問題を解くスピードが上がり、同じ時間でもより多くの問題を解くことができるようになりました。
そして中学時代は学校で50番ほどだったのが高校生の今では私の住む県内で50番以内にまで成績が上がりまくりました(笑)
だまされたと思って一度裏紙勉強法を試してみてください☆


Comments are closed